サマーセール開催中


商品カテゴリー

検索条件

商品カテゴリから選ぶ

商品名を入力

  • 送料、支払い方法
  • 当サイトについて
  • お問い合わせ
  • 特定商取引に関する法律

ログイン

現在のカゴの中

商品数:0点

合計:0円

カゴの中を見る

アーカイブ(SOLD OUT)

MANASTASH
「DIAPLEX LAYER PARKAⅡ」




環境に応じて温度を適応に保つ革新素材DIAPLEX(ディアプレックス)を使用し、伸縮性、耐久性、防風性、保温性、撥水性を兼ね備えたレイヤーパーカーの登場です。
DIAPLEX素材以外にも、ダブルファスナー構造、防水ファスナー仕様、インサイドメッシュ素材など、アウトドアユースに必要な機能を搭載しています。
過酷な冬のアウトドア環境を快適なものに変える本格派アウターです。
※マナスタッシュ製の他アイテム(ベストなど)とジッパーによる連携(レイヤード)ができるようになっています。



■仕様
カラー:ブラック、インディゴ、クレイジー
サイズS、M
表地:コットン75%、ヘンプ25%
裏地:ナイロン100%
パーツ:ナイロン100%
マナスタッシュ・レイヤード・システム

■サイズ詳細
S:着丈67cm、身幅54cm、肩幅42cm、袖丈64cm
M:着丈71cm、身幅55cm、肩幅45cm、袖丈66cm

商品コード: F-MANASTASH-7112025-09-M〜F-MANASTASH-7112025-99-S

【セール】MANASTASH (マナスタッシュ) 「DIAPLEX LAYER PARKⅡ (ディアプレックス・レイヤーパーカ2)」 [7112025]

販売価格(税込) 23,520 円
通常価格: 33,600 円
ポイント: 235 Pt
関連カテゴリ:

アーカイブ(SOLD OUT)

カラー(MANASTASH)
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

ブランド・プロフィール【MANASTASH】

1994年、米国シアトルに設立したアウトドアブランド。
ブランドネームは、シアトルの広大な自然を育んできたマナスタッシュ山に由来する。
マナスタッシュの掲げる理念は、環境にやさしい素材を使って着心地の良い製品を作ること。ヘンプやオーガニックコットンといった自然素材のほか、リサイクルフリースなどの素材を積極的に使用し、マナスタッシュ山高原で楽しめるスキー、トレッキング、マウンテンバイク、ラフティング、カヤックなどの多様なアウトドアスポーツに対応するウェアをプロダクトしている。
また、マナスタッシュといえば「ヘンプ製品」である。
これは創設者ロバート・ジャングマンとその仲間たちが創業当時に行っていた「ヘンプ・ツアー」によるところが大きい。古ぼけたシボレーのバンにまだ数少なかったヘンプ製品を詰め込み、アメリカ北西部で行われていたマウンテンバイク・レースやクライミング大会で販売。これを繰り返しながら、ヒッピー的な野宿生活を満喫していたのだ。
やがてブランドは、新しい空気を求める若者たちに浸透、豊かな自然をベースにフリーダムなライフスタイルを提案する個性派アウトドアブランドへと成長した。
【セール】MANASTASH (マナスタッシュ) 「DIAPLEX LAYER PARKⅡ (ディアプレックス・レイヤーパーカ2)」 [7112025]

環境温度適応機能をもつ革新素材 「DIAPLEX」



◆DiAPLEXメンブレン&ファブリック
DiAPLEXの原点は、ディアプレックス・メンブレンという一枚の膜です。薄さ13ミクロンといわれるきわめて薄く、軽く、驚くほど伸びるフィルム状の素材で、素材自体に物理的な孔(あな)が存在しない無孔質メンブレンです。そのため、水蒸気は通しますが、水は通しません。また、油脂や化粧品、防虫剤、洗剤、食品など、機能を損なう汚染物質も通しません。
ディアプレックス・メンブレンのいままでにない画期的な特長は、温度によって性質が変化するウレタン系形状記憶ポリマーを利用した「温度による透湿性の変化」です。ウレタン系形状記憶ポリマーとは、簡単に言えば、ある設定した温度になると、ウレタン樹脂つまりプラスティックのようなものが、急に柔らかくなってしまうというもの。つまり、その形状記憶の特性を生かして透湿効果を変化させたもの、それがディアプレックス・メンブレンです。
ディアプレックス・ファブリックは、この防水性と透湿性を兼ね備えた薄く伸縮性のあるフィルム状の膜(ディアプレックス・メンブレン)を、ナイロンやポリエステルなどの生地の裏側にラミネート(張り付け)したものです。

◆環境温度適応機能
アウトドアで刻々と変わる天候、運動条件による温度変化に合わせて、つねに衣服内をドライに保ちながら、「透湿」と「保温」という異なる性能を発揮することで、衣服内を快適状態に調整する機能、それがディアプレックスの「環境温度適応機能」です。
「環境温度適応機能」はウェア内外の温度変化を感知し、転移温度を境に素材自体の性質を変化させるフレキシブル・バリア機能と、温度変化の影響を受けず、つねにウェア内をドライに保つモイスチャーバッファリング機能の2つで構成されています。例えば、低温時にはフレキシブル・バリア機能による保温性とともに、ウェア内のドライ感をも保つという驚くべき環境をつくりだすのです。

◆転移温度記憶技術
ディアプレックスの革新的なポイントは、温度変化に応じてミクロブラウン運動(分子の熱振動)の活性を変化させることで、透湿性のコントロールを可能にしたこと。
設計段階で、ミクロブラウン運動の活性が変化する基準温度(転移温度)を素材に記憶させることで、転移温度よりも温度が上昇すると、運動が活発化して水蒸気の透過量を増加、転移温度よりも温度が下がると、運動が小康化して水蒸気の透過量を抑制します。この転移温度を設計段階でどんな温度にも、自由に設定できることがディアプレックスの限りない未来を予感させる大きな特長で、様々な着用条件、用途に対応したウェアをつくることが可能なのです。


このページのTOPへ
Copyright(C)2000-2008 EC-CUBE All rights reserved.